皮膚のトラブルで悩んでいませんか

東京都世田谷区瀬田にある玉川病院は、東京を代表する多摩川を一望できるところにあり、春には桜、秋には紅葉と季節を感じ楽しむことができます。
玉川病院の皮膚科は、あせも、水イボ、水虫などの疾患の他、内臓疾患や膠原病などの全身性疾患による皮膚の病変の診断にも重点がおかれています。
最新の知識をもとに検査をし、その結果に基づいた最善の治療を行っている病院です。
たとえば、アトピー性皮膚炎や乾癬疾患には、免疫抑制剤や生物製剤などが使われ、光線治療もでき、治療の選択肢が広がってきました。
にきびや日光角化症の治療にも、新しい薬が開発されています。
他の疾患の合併がある場合は、他科や大学、専門医療機関との連携を図っていて、多くのケースに対応できるようになっています。
皮膚の良性腫瘍や早期の悪性腫瘍には、形成外科と連携し、外科的手術や液体窒素を使った冷凍凝固療法が行われています。
他には、湿疹・蕁麻疹・円形脱毛症、とびひなどの細菌感染症、水虫やたむしなどの真菌感染症、イボ・ヘルペス・帯状疱疹などのウイルス感染症などにも対応しています。
あなたが今もし、皮膚のトラブルで悩んでいたら、玉川病院を受診してはいかかでしょうか。