いよいよ日本も始まる電力自由化

来年に迫った電力の自由化ですが、どうしてこのようになったのかを経緯を説明します。
そもそも日本は輸入国ですのでエネルギーである石油や化石燃料の他に食料のほとんどが輸入になっています。
これが原因で火力発電の燃料が高値になってしまってこれが原因で値上げしてしまうケースが発生しました。
それを補うためにほとんどの日本のほとんどの電力会社は原子力発電所で電気を発電していました。
しかし、東北大震災以降、原子力発電所は放射能を出す危険なものということが知れ渡ってしまい、火力発電を行わざる得られませんでした。
一方電力会社はとにかく利益を得るためだけに火力発電以外に風力発電やソーラー発電などの環境に優しい発電エンジンを使用しての発電をしないでとにかく資金の欲しさに値上げを選択しました。
消費者は電力会社に逆らうことが出来ずにいくら抗議デモを送っても電力会社の好き勝手に値上げだけをさせられて国民は怒り心頭でした。
そこで電力自由化になることによって今まで買っていた電力会社から解約して違う電力会社からの電気を供給することが出来るので、自分で新しいプランを決めることが出来てとても注目されています。
企業によってプランが違うので詳しくは検索してみてください。