業者ごとに区分できるキャッシングの種類

キャッシングと一口に言っても、いくつもの業者がそれぞれに提供している商品ですので、どこも同じではありません。
どこで契約をするかによって利用限度額、金利、利便性などに差が出てくるので、業者の種類を把握して自分に適したキャッシング契約をしましょう。
提供先を大きく分けると銀行、消費者金融、信販会社があります。
銀行は言わずと知れたお金を預けておける金融機関です。
個人利用なら預貯金程度の利用しかされていませんが、振り込み、投資、ローンなど総合的に金融事業を扱っているため貸付もその事業の一環として提供されています。
銀行の利点は信頼性がある、そして低金利という点です。
消費者金融は貸付を専業とした貸金業者です。
小口融資を基本的な商品としており、大口商品はあまり扱いません。
キャッシングで言えば最も代表的な業者でしょう。
消費者金融の利点は貸金業に特化しているため利便性が高く、借りやすいという点です。
信販会社はクレジットカードを発行している会社です。
最近のクレジットカードには借入れ機能も付帯しているため、クレジットカードを所有していればそのまま借入れに利用することができます。
信販会社の利点はやはりクレジットカードでしょう。
1枚のカードで決済と借り入れができます。