再生可能エネルギーを促進している第二電力

地球上に住む生物はみな同じ仲間です。
太陽系でこれほど生物に溢れている星は地球しかありません。
その意味で、地球は天から愛されている存在なのかもしれません。
ところが、人間があらわれてからこの方、文明が発達するにしたがって地球の気温はどんどん上昇しているのです。
それは、化石化エネルギーを使いすぎたことにより、地球が温暖化していることから起こっているのです。
早く化石化エネルギーを使うことを止め、他のエネルギーを見つける必要があります。
第二電力は、化石化エネルギーの後を継ぐ、新たなエネルギーとして注目されている再生可能エネルギーを促進しています。
今まで活用されてこなかった屋根や空き地に、太陽光発電所を作り、太陽光を使い発電をするのです。
第二電力と契約されたオーナーには、総発電量の5%が賃料として20年間にわたり支払われます。
20年後には、第二電力の負担で撤去するか、それとも条件付きで利用するかを選ぶことができます。
どちらにしても、オーナーの損にはなりません。
これからの地球のことを考えて、一緒に再生可能エネルギーを促進しませんか。