株主優待券を甲南チケットに買取ってもらおう

株式取引の楽しみの一つに株主優待があります。
株主になるには、株主になりたい会社の現物株を、証券会社を通じて購入し、年に1~2回ある権利付最終日に持ち越せば株主名簿に登載されます。
元プロ棋士の桐谷七段が株主優待で生活している映像がテレビのバラエティ番組で紹介されていましたが、株主になると食料品を始めとして自社製品などさまざまなものが送られてくるのが魅力です。
中でも魅力的なのが株主優待券です。
優待券には、テーマパークのチケット、航空機や電車の割引券、映画館の入場券などさまざまな種類があります。
また金券やお米券などを優待として送ってくる企業もあります。
そんな優待券には、たいていの場合有効期限があるため、期限内に使わないといけません。
しかし、桐谷七段が使い切れない優待券を期限内に使用するために、自転車で都内を東奔西走している姿を見ると、なかなか楽には行かないなとも思いました。
そんな余ってしまった優待券を引き出しの奥などに放置して、眠らせておくのはもったいない話です。
優待券には需要があり、市場も成立しています。
そこで、余った優待券を甲南チケットさんに買取ってもらうのは、優待券の有効活用になると思います。