医師の診断書で左右される後遺障害の損害賠償額

まず、後遺障害とはどういうものか説明しましょう。
これは、交通事故などで治療を受けて、その治療が終わった後でも医学からそれ以上回復することがないだろうと思われて、この先ずっと身体へ障害の残る状態のことをいいます。
この、具体的な例としては、下半身不随・失明・関節が正常に動かなくなる、などというものです。
そして、治療を受け持った医師などから、もうこれ以上回復しないだろうと思われた状態であれば、症状固定と表現されます。
それから、症状固定状態となれば、後遺障害の損害賠償問題となるのです。
さて、損害賠償問題を解決するにはその度合いに拠って等級決められて、それがカギとなります。
この等級は、医師の診断書が元となって決められるのです。
しかし、診断書が造られる際、患者の現状と内容が食い違ってる場合が多く、問題となるケースが多いといいます。
それは、医師の患者からの情報不足・運動機能測定不足・患者との意思疎通不足であったりするもので、医師が診断書作成のノウハウを持ってないのが原因です。
尚、こういった医師は多いというので、キチンとノウハウを持った医師から診断書を書いてもらわなければなりません。